こんな時どうする保温?

こんな時どうする保温?  バードストーリー

愛鳥家さんのためのコミュニティサイト Birdstory

NEWS
Birdstoryからのお知らせや、鳥に関する情報はココからチェック!鳥に関する最新情報をお届け♪


鳥に関する最新情報!NEWS

コミュニティ
コミュニティ機能は終了いたしました。新たな機能を現在制作中になります。少々お待ちください♪


愛鳥家さんが交流できるコミュニティ

鳥について調べる
鳥に関することはここで調べよう♪鳥に関する様々なコンテンツを準備中です!


鳥について調べる

バードコラム
鳥さんに関するコラムをお届けいたします!様々なライターさんに執筆していただいております。


鳥に関するコラム

特集
Birdstoryが送る鳥に関する特集はこちらからチェック♪


鳥好きにはたまらない!鳥特集

フォトコンテスト
毎月開催!鳥フォトコンテスト、鳥好きにはたまらないテーマで開催しています。


鳥の写真が大集合!鳥フォトコンテスト

Birdstoryとは?
Birdstoryの運営会社情報や、Birdstoryについてはこちらからチェック!


Birdstoryとは?

マイページ
マイページ機能は終了いたしました。新たな機能を現在制作中になります。少々お待ちください♪



こんな時どうする保温?
迷った時のためのヒント!

インコ 保温 Q&A

保温でよくある疑問をまとめてみました。
困ったときのご参考になりましたら幸いです。

寒い時期の通院や移動時の保温

インコ 保温 Q&A

室内との温度差が大きくならないよう、しっかり保温しましょう。
使い捨てカイロは発熱する時に酸素を奪うため、密閉されたキャリー内での使用はNG。
バッグとキャリーの間に入れることをお勧めします。
湯たんぽや電子レンジで温めるタイプのカイロも便利です。
暑くなったら鳥さんが逃げられる空間も確保してください。
また、温度計でキャリーバッグ内の温度をこまめにチェックしましょう!
コードを鳥さんにかじられないように気をつけてください。

夏場でも、体調が悪い鳥さんの場合は、移動時の保温が必要です。ただしキャリーバッグの中の温度が上がり過ぎないようにご注意ください。

温め過ぎにはご用心!電車の中や病院の待合室は、しっかりと暖房が利いているので、温度が高い場所です。
このような環境下ではキャリーバッグの中もカイロでかなり高温になります。
キャリーの中の様子を確認しないと、いつの間にか熱中症に…という事故も見受けられるので、温度計を付けてバッグ内の温度を確認することをお勧めします。
真冬の熱中症には、十分お気を付け下さい。

寒がっている、具合が悪そうな時は、とりあえず保温

体調不良のときは、体温が低下してくるので、保温をして、安静にさせることが大切。
ただ、ようすを見ている間に悪化する場合もあるので、注意が必要です。
保温をしても羽毛をふくらませ、目を閉じてフラフラしていたら、かなり深刻な状態です。
すぐに病院へ連れていきましょう。

冬場の日光浴

健康維持のために、日光浴は日課にしたいもの。ただガラス戸越しでは効果が低くなるため、窓を開けるか屋外にケージを出す必要があります。
冷え込む日は、日光に当たっていても冷気で体温が下がってしまう危険性があるので、無理にさせる必要はありません。
太陽光に最も近い光を出すと言われているトルーライトなどで代用しましょう。

日光浴関連記事

http://birdstory.net/blog/birdhint/budgerigar_life/12588
http://birdstory.net/blog/birdhint/budgerigar_life/12590

最終更新日:2015/12/01

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ヒントファイル
関係する記事をリストアップします

カテゴリーからヒントファイルを探す

鳥さんヒントファイルトップページへ戻る